ニュース

オンラインゲームを開発するソフトギア、KDDIと資本提携 ~「KDDI Open Innovation Fund」を引受先に第三者割当増資を実施~

2015.03.31

株式会社ソフトギア(本社・東京都新宿区、代表取締役:青木 健悟、以下ソフトギア)はKDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中孝司、以下KDDI)によるコーポレート・ベンチャー・ファンド「KDDI Open Innovation Fund」を割当先とする第三者割当増資により資金調達を実施致しました。

ソフトギアは、家庭用ゲームからネイティブアプリまで様々なプラットフォームに対応したオンラインゲーム開発会社です。高速で安定したサーバ開発を強みに、基盤技術の開発から、設計・開発・デバッグ・サービス運営と、幅広い開発メニューを提供しています。技術開発事業においては、オンラインゲーム開発に必要なライブラリ製品の商品化にも取り組んでおります。
今回の資金調達により、成長市場であるスマホゲーム分野への事業拡大を図り、これまでオンラインゲーム開発で培ってきたネットワーク技術を活かし、ゲーム開発を支援するライブラリの提供や、開発会社の視点による新たなデバッグ・サービスを展開してまいります。

以 上

■ライブラリ製品について
○STRIX ENGINE
独自開発のSTRIX ENGINEはオンラインゲーム開発に必要な高度なネットワーク機能、サーバソリューション、3Dクライアント機能を提供する、マルチプラットフォームに対応したライブラリです。ネイティブアプリから大規模オンラインゲーム、Webサービスまで、幅広いコンテンツ開発をサポートしています。マルチプロトコルに対応していることから、SNS等の外部システムとも容易に連携が可能。高速なメッセージング機能を使うことで、ゲームに限らず、チャットシステムやスマホ向けのメールアプリといったリアルタイムメッセージング機能の実装を可能とします。
○SnowDB
動的に増加する大量のデータ管理と高速な検索処理を実現する分散型インメモリデータベース。メモリ上での管理とデータの配置と処理を複数のサーバで分散させることで、データやオブジェクトの透過的な管理と高速処理を実現する、効率のよいソリューションを提供しています。管理データが増え続けるサービスや、高いレスポンスが求められるオンラインゲームなどに活用することができます。

■デバッグ・サービスについて
開発支援の一環として、デバッグ・サービスを提供しています。実機を使ったテスト作業から、サーバモニタリングによるシステム上の不具合箇所の特定まで、開発会社の視点による幅広いデバッグ業務を実施しています。設計デバッグ、セキュリティ診断、ネットワーク負荷テストなど、アプリ開発に必要な開発支援メニューを提供していきます。