ニュース

3Dゲーム開発用クライアントライブラリGraphyte最新バージョン2.0発表
- パフォーマンスの高い安定したコンテンツ開発を実現 -

2012.12.17

大規模オンラインゲーム開発を手がける株式会社ソフトギア(以下ソフトギア、本社:東京都新宿、代表取締役:青木 健悟)は、3Dクライアントライブラリ「Graphyte」の最新バージョン「Graphyte2.0」を発表いたします。

■ 3Dゲーム開発用クライアントライブラリGraphyte
「Graphyte」とは、マルチコア型ハードウェアをターゲットとした、3Dゲーム用の開発プラットフォームです。シェーダー機能やモデル、アニメーション等の描画システムのサポートは勿論、システムレイヤー、数学レイヤーでの高速なライブラリを提供いたします。MAP作成ツールやスクリプトでのウィンドウ生成ツール等、開発に必要なシステムを、汎用性の高いライブラリとして提供し、3Dアプリケーション開発における開発効率の大幅な改善を目指します。また、物理エンジンの差替えやWEB表示 への対応など、外部システムへの柔軟な対応も可能となっており、システムとしてもビジネスとしても拡張性を担保するライブラリです。
このたび、各機能の性能向上とゲーム開発に必要な新たな機能を搭載した「Graphyte」の最新バージョン、「Graphyte2.0」をリリースいたしました。
■ 「Graphyte2.0」
3Dゲーム開発に必要な新機能の搭載をはじめ、一部機能のパフォーマンス向上、シェーダーインターフェースの改善によりフレキシブルなライブラリへと進化しました。「Graphyte2.0」の利用により、難易度が高く時間のかかるコーディングに悩む事無く、アプリケーションの開発に専念することが可能となり、開発効率の大幅な改善を実現します。

「Graphyte2.0」が提供する新たな機能
・マテリアルシェーダー機能
・レンダーパス
・ファイル暗号化

◎ 開発サンプルを公開
「Graphyte2.0」の開発サンプルとして、3Dゲームを公開しています。
http://www.soft-gear.co.jp/service/library/graphyte/demo.html

■ 今後の展開
「Graphyte」はスマートフォンや家庭用ゲーム機への対応を実現し、マルチプラットフォーム、クロスプラットフォームでの開発環境の提供を目指します。 ソフトギアは、ネットワークと3Dをキーワードに、今後より拡大するであろうリッチコンテンツ市場に、より良い開発環境の提供を行う事で市場活性 と技術革新に貢献していまいります。

※すべての会社名、ブランド名、および製品名は各社の商標または登録商標です。