ニュース

高速サーバーシステムとサーバー開発を提供するソフトギア、5.2億円の第三者割当増資を、 KDDI Open Innovation Fund・バンダイナムコエンターテインメント向けに実施。

2021.11.30

オンラインゲーム用の通信ライブラリとサーバー開発事業を展開する株式会社ソフトギア(本社・東京都新宿区、代表取締役:青木 健悟、以下ソフトギア)は、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下KDDI)によるコーポレート・ベンチャー・ファンド「KDDI Open Innovation Fund」(運営者: グローバル・ブレイン株式会社)、株式会社バンダイナムコエンターテインメント(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮河 恭夫、以下「バンダイナムコエンターテインメント」)を引受先とした、第三者割当増資による資金調達を実施しましたので、お知らせいたします。

■ 資金調達の背景

ソフトギアは、オンラインゲーム開発中心にサーバー開発を行う技術ベンチャーです。 設立より大規模仮想空間向けの通信技術/サーバー技術を14年に渡り研究開発してまいりました。 高速サーバーに必要な複数の技術特許を保有しておりサーバー開発ナレッジと共にパッケージ化された国内最速のサーバーライブラリ「STRIX」を独自開発してまいりました。 オンラインゲーム中心に培った技術ですが、昨今においてサーバー技術のニーズは多様化をしており、ソフトギアの取り組みが高く評価された結果、資本提携に至りました。

■ 資本事業提携でオンラインゲーム開発支援を加速

バンダイナムコエンターテインメント向けにサーバーライブラリ(「STRIX」)の提供とオンラインゲーム開発でのご支援をしてまいりました。 技術、開発面での高い評価を受け、より一層の開発支援と新たなるオンラインコンテンツへの取り組みを目指し、資本業務提携を実現いたしました。 本提携により、技術特許を基盤にサーバー開発事業の拡大とライブラリ製品の開発加速を図り、ネットワークコンテンツ産業を裏側から支える技術ベンチャーとして成長してまいります。

■ 株式会社ソフトギアについて

オンラインゲーム開発中心にサーバー開発を行う技術ベンチャーです。 オンラインゲーム開発に必要な機能をワンパッケージで提供するSTRIXは、大量メッセージの高速処理をアドバンテージに、様々なオンラインゲームに導入されています。

◎サーバーライブラリ「STRIX」

<STRIX ENGINE>

STRIX ENGINEはオンラインゲーム開発に必要なネットワーク機能、サーバーソリューションを提供する、マルチプラットフォームに対応したサーバーエンジンです。 大規模オンラインゲームやメタバースなど、リアルタイム性の高いサービスを幅広くサポートします。 システムのバックエンドには弊社の特許技術が組み込まれていることから、大量メッセージの高速処理と大規模な同時接続数を可能とし、従来の国内ライブラリでは成しえなかった高いパフォーマンスを実現します。

<Strix Cloud>

誰でも手軽にオンライン技術を利用できるサービスを目指し、サーバーソリューションのクラウド化を進めてきました。 Strix CloudはSaaS形式でご提供するサーバーソリューションとして、開発難易度の高いリアルタイムサーバーをウェブ上のクリック操作で構築を可能とし、サーバー開発におけるオーバーヘッドを0にします。