QA事業

大規模MMOをはじめ、マルチプラットフォームに対応したオンラインゲームの
開発・運営に携わってきた経験とノウハウを活かし、コンテンツのリリース後の
運営を想定したデバッグサービスを提供します。

開発支援事業/デバッグサービス

SERVICE

オンラインゲームの開発・運営で培ったノウハウを
活かした開発支援サービスを提供します

~開発支援を上流工程からワンストップで提供~

ゲーム開発の全工程において、デバッグをメニュー化することで、品質の高いアプリ開発を支援します。 開発初期の設計段階から開発支援を行うことで、処理効率、負荷分散、冗長化、セキュリティなどを考慮したゲーム開発を支援。 強固なセキュリティと安定したサービスを実現します。

オンラインゲームの開発・運営で培ったノウハウを活かした開発支援サービスを提供します

お客様のニーズに合った柔軟なデバッグサービスの提供

プランニングから業務遂行、レポーティングまで、デバッグサービスをワンストップで提供します。
経験豊かなスタッフによるきめ細やかなマネジメントと良質な作業で、品質の高いサービスを実現します。

リーダー常駐型のデバッグサービスの提供

デバッグリーダーがお客様の元に常駐することで、プロジェクトチームと
デバッグチーム(ソフトギア)のブリッジとなり、作業の効率化・高速化を実現します。

レポーティング

経験豊かなスタッフが、お客様のコンテンツの状態を分析し、報告書を
作成します。 日別のデバッグ実施報告書とあわせ、今後のコンテンツ
開発のナレッジとして活用できる「分析レポート」をご提出いたします。

お客様のニーズに合った柔軟なデバッグサービスの提供

幅広い開発支援メニューを提供

実機を使ったデバッグ作業から、サーバのログチェックまで、幅広いサービスを展開しています。
開発者の視点に立ったオリジナルの開発支援メニューを提供することで、ゲーム開発者の負荷軽減をサポートします。

開発支援メニュー
  • 実機デバッグ 実機デバッグ

    ゲームから各種サービスまで
    幅広く対応

  • サーバモニタリングデバッグ サーバモニタリング
    デバッグ

    開発者の負荷軽減を実現

  • 設計デバッグ 設計デバッグ

    セキュアかつ安定した
    サービスの実現

  • セキュリティ診断(アタックテスト) セキュリティ診断
    (アタックテスト)

    チートによる損害、
    不具合回避

  • 負荷テスト 負荷テスト

    サーバダウン、
    動作遅延防止

Unity デバッグサービスのご紹介

NEW

Unityゲーム開発に特化したデバッグサービスを提供します。​

既存バグが減らない・・・​
QAが見つけたバグの特定が難しい・・・​
新規実装に早く移りたいが、安定化を優先しなければならない・・・​

などなど、ゲーム開発には​
不具合修正における様々な課題が山積みです!​

そこで、ゲーム開発とデバッグを組み合わせた​
新メニューとして、​
Unityに特化したデバッグサービスを提供します。​

図のように、バグ修正専任のエンジニアとQAリーダーを​ をチームとして配置します。

お客様のニーズに合った柔軟なデバッグサービスの提供

バグ修正専任のエンジニアとQAリーダーを配置

<Unityデバッグ サービスメニュー>
  • ゼロベースからのテスト項目書作成​​
  • 網羅テスト及びアドホックテストの実施​
  • 不具合の抽出とBTSによるチケット管理​​
  • ソースコードの修正とテスト環境へのデプロイ​​
  • 定常更新などの本番リリース対応​​
  • リファクタリングによる保守性の向上​​
  • ナレッジの蓄積による品質保証レベルの向上​
導入の結果、以下のようなメリットが期待できます!
  • エンジニアの採用コストや固定費を大幅に削減​!
  • 品質の安定と社内リソースの最適化が可能に​!​
  • 開発現場の疲弊が解消されます!
お客様のニーズに合った柔軟なデバッグサービスの提供
サーバモニタリングデバッグサービスのご紹介

デバッグに関するご相談、ご質問などは、お気軽に。

SOLUTION

不具合の所在を特定し、工数削減に貢献する
開発支援ツール「STRIX DMS」

STRIX DMSは、データモニタリングソリューション(Data Monitoring
Solution)の略です。サーバログを独自のロジックでチェック・分析し、 プログラムの不具合を特定する開発支援ツールです。

STRIX DMS
バグの発見に終始していた従来のデバッグ作業

従来のデバッグ作業は、人海戦術でゲームをプレイし、発見したバグを開発チームに報告するだけでした。一般的なデバッガーはサーバに関する知識が無く、バグがクライアントにあるのかサーバにあるのかを切り分けることができません。そのため、開発チームはバグの原因がどこにあるのか探さなければならず、大きなコストと作業負荷が発生していました。

この悩み、STRIX DMSが解決します!
サーバログの監視でバグの所在特定も可能に!

STRIX DMSを利用することにより、実機を用いた通常のバグチェックを実施しながら、サーバログをモニタリングすることができます。デバッガーは、バグの現象だけではなく、その原因箇所を示すログを併せて報告できるようになるため、開発チームはバグ対応の作業負荷を大幅に削減でき、開発効率を高めることが可能になります。

STRIX DMSに関するご相談、ご質問などは、お気軽に。